サイトマップ 日本語サイト ver. English

新着情報

HOME > 新着情報 > No.IPC-A3 イオンパーツクリーナー

What's New

新着情報

ニュースリリース

No.IPC-A3 イオンパーツクリーナー(12/04/10)

開発背景

 


IPC2_01.jpg

製品に付着した塵や埃をイオンエアーで吹き飛ばし、取り除いた塵埃が作業環境に飛散しない除電&除塵&集塵ボックス「イオンパーツクリーナー」のシリーズ を追加いたしました。 クリーン環境では集塵作業台の上で、基板、部品、完成品などの除塵作業がおこなわれています。特に、静電気によって付着した塵や埃はイオナイザーにより除 電をおこなわないと完全に取り除くことができず、また浮遊した塵や埃が再付着する可能性があります。特にセル生産ラインにおいては除塵作業の都度、別の場 所に設置されたクリーンテーブルに製品を移動しなければならないので作業効率のロスやスムーズな工程作りがおこなえない問題がありました。 イオンパーツクリーナーは、これらの問題を解決するために開発した除塵ボックスです。2010年6月にA4サイズのIPC-A4を発売し、今回、より大き な製品への対応としてIPC-A3を追加発売いたしました。 業界初、ウレタンゲルの自己粘着性を利用し複数の穴で粘着表面積を大きくした有孔「粘着ゲルシート」を用いた画期的な集塵方式を採用しています。本体設置 面積はA3サイズでセル生産台にも設置できる大きさ、集塵機が不要で省スペースにつながり、消費電力などのランニングコストの低減ならびに大幅な低価格を 実現しました。またメンテナンス性にも優れ、ウレタンゲルは水拭きや水洗いだけで汚れが取れ粘着性が復帰しますので何度でも使用することができます。さら に、排気口に紙パックフィルタまたは排気ダクトが取り付けできるようになりましたので、取り除いた塵埃の作業環境汚染もより防げるようになりました。

 

 

製品概要


●設置面積がA3サイズのコンパクトな除電&除塵&集塵ボックスです。

●ノズルタイプイオナイザーを天面に2台セットし、イオン化エアーにより製品の除電、除塵をおこないます。

●イオン化エアーはモードスイッチにより、連続吹きとパルス吹きに切り替え可能。

●除塵時間タイマー付き(調整範囲:1秒~30秒、5段階)。製品の挿入をセンサーが感知し、一定時間エアブローすることができます。 ●集塵捕集方式:粘着ゲルシート+紙パックフィルタ

●電圧・電流:DC24V±5% 900mA。消費電力22Wの省エネ設計。

●サイズ:420W×300D×411Hmm

●重量:9.5 ㎏ ●使用エアー圧力:0.1~0.7MPa(クリーンエアー使用)

●空気消費量:220 ℓ/min (0.3MPa)

●騒音:70.0 dBA (0.3MPa 正面より1m)

●日本製

 


製品特長

 
●静電気除去装置付き小型集塵ユニット

・作業台と小型集塵機をコンパクトに一体化。セル生産現場に適した除電除塵集塵機です。

 

●集塵フード

・フード前面には開閉可能な透明窓を設け、飛散防止と良好な視界を確保。

・ワークの出し入れがスムーズにできる最適な開口部を設計。

・粘着ゲルシートの洗浄や交換が容易になりました。 粘着ゲルシートプレートがマグネットで脱着できますので、簡単に取り出せます。

・フード裏側には、塵埃捕集用の紙パックフィルタまたはダクトホースが取り付けできます。

 

●除電除塵

・フード上側から下方に向けて吹き出すエアノズルタイプイオナイザーを2台搭載。

・静電気除去装置から吐出されるイオンエアーで、ワークの除電と除塵を同時におこないます。

・手でワーク持ってフード内に入れると、センサーが感知し自動エアブロー。

・間欠エアーでワークに付着した塵埃に振動を与えて吹き飛ばします。

・エアブローの強さを調整できる流量調整弁付き。

 

●安全性 ・静電気除去装置は異常監視機能を装備し、ランプの点灯によりチェックが可能です。

 

●環境対策 ・RoHS対応品。

 

●CE適合品(EMC指令) ・CEの基本的要求事項をみたしております。


 
用途

● 部品トレーの洗浄。

●UV加工やシルク印刷前の製品の 除電除塵。

●製品包装前の除電除塵。

tray.jpg

 


bo_seihin.jpg
このページの一番上へ戻る