サイトマップ 日本語サイト ver. English

会社概要

HOME > 会社概要【html】 >  ベッセルの歴史

History of VESSEL

ベッセルの歴史


history_img3.jpg

The History

 ベッセルは、1916年に日本初のドライバー量産メーカーとして誕生しました。鉄工所の多くが鋤や鍬といった農具を作る中で、産業に向けての《ドライバー》に絞った専業量産体制を整えて市場に製品を打ち出しました。

 

創業期

 

国産初ドライバーとベッセルブランド

オリジナルの国産ドライバーを作り上げたベッセル。1933年には、英語で大きな船を意味する「VESSEL」が品質を保証するブランドマークとして製品につけられました。

成長期

 

組立現場を支えたエアードライバーとビット

1950年代、高度経済成長に突入。需要の伸びを見込んで1954年に本格的にエアーツール用ビットの生産を開始、4年後にはベッセルブランドのインパクトドライバーを発売、組立現場を支えました。
拡充期

 

ドライバーと名がつくものはすべてベッセルにある

1967年から生産を開始したエアーインパクトレンチを含めドライバー、ビット、エアーツールの3本柱を確立。ファスニングツールのリーディングメーカーに向けての地歩を築きました。
変革期

 

幅広い産業分野へのチャレンジ

1973年の第一次オイルショックでの経験を踏まえ「ドライバー一筋」から好不況に左右されない経営を目指して新しい分野への商品開発が加速。銀行や病院などでの順番待ちシステム「Qシステム」を発表しました。

VESSEL Mark of Quality


ドライバー一本で何千、何万のネジを相手にしなければならない…もの作りにかける厳しい姿勢と確かな品質はイズムとなって脈々と流れています。そして現在、このベッセルイズムは防犯事業や静電気除去装置などのまったく新しい分野にも受け継がれています。

 

 


沿革


1916年
田口儀之助 田口鉄工所を創立

1933年
VESSELの商標を登録

1948年
日本捻廻株式会社(現 株式会社ベッセル工業)設立

1950年
プラスドライバーの製造を開始する

1962年
ベッセル工具株式会社(現 株式会社ベッセル)設立



田口輝雄 代表取締役社長就任

1965年
東京営業所(現 東京支店) 開設

1966年
名古屋営業所 開設

1968年
福岡出張所(現 福岡営業所) 開設



札幌出張所 開設

1969年
協同興産株式会社を設立(現 株式会社ベッセル流通センター)

1970年
広島出張所 開設

1972年
仙台出張所 開設

1974年
株式会社ベッセルに社名を変更

1980年
グリーンHC福知山店オープン

1982年
グリーンHC橋本店オープン



設立20周年を迎える

1987年
スウェーデンQマティック社と販売提携

1992年
設立30周年を迎える

1996年
田口順一 代表取締役社長就任

2005年
フランス連絡事務所 開設

2009年
Qシステム部 新社屋完成

2010年
株式会社ベッセル流通センター 増改築

2010年
VESSEL EUROPE SARL 設立

 

このページの一番上へ戻る